2020 6月の惑星データ

6月になりまして…。


梅雨にはちょっと早いですが…😅


やっとやっと、全国的に宣言解除となりましたね。ほんとに収束したわけではないので油断できませんが、、、

それでもみんなで少しずつ、少しずつ、手探り状態で新しい日常を作っていくんだ。そんな気持ちがあちこちから感じられるような気がします。

第二波、三波がこないことを祈りつつ、もう少し近場のお出掛けで楽しもうと思っております。

さて例の如く、こてんしカレンダー掲載にしています、惑星が取る角度についての詳細です。

6月の壁掛けカレンダーより

惑星別にマーク(卓上カレンダー)や色の帯(壁掛けカレンダー)がついております。

・マークについての記事はこちら
      ↓

6月の 月と太陽、月と木星、月と金星が良い角度をとる時間帯

太陽  5月31日(日) 22:27〜6月1日(月) 18:27
金星  6月1日(月) 4:2〜6月2日(火) 0:20
木星  6月4日(木) 10:36〜6月4日(木) 20:36
木星  6月8日(月) 7:05〜6月9日(火)  3:05
金星  6月9日(火) 8:15〜6月10日(水) 4:15
太陽  6月10日(水) 3:34〜6月10日(水) 23:34
木星  6月13日(土) 11:44〜6月13日(土) 21:44
金星  6月14日(日) 11:24〜6月14日(日) 21:24
太陽  6月15日(月) 23:10〜6月16日(火) 9:10
金星  6月18日(木) 21:39〜6月19日(金) 17:39
木星  6月18日(木) 1:02〜6月18日(木) 21:02
金星  6月23日(火) 21:05〜6月24日(水) 7:05
太陽  6月26日(金) 0:33〜6月26日(金) 10:33
木星  6月26日(金) 23:51〜6月27日(土) 19:51
金星  6月27日(土) 18:34〜6月28日(日) 14:34
太陽  6月30日(火) 3:20〜 月30日(火) 23:20

終わりの時間が影響力最大。角度を取り始める時間帯から徐々に強くなっていってピークがジャストタイム(終わりの時間)という感じです。

お月様の様子

6/6(土)04:12 満月
6/13(土)15:23 下弦の月
6/21(月)15:41 新月
6/28(日)17:15上弦の月

今月の夜空ですが…

6月21日の夕方は部分日食が起こり、日本全国で見ることができます。
参考ページ 日本全国で部分日食(2020年6月)/国立天文台(NAOJ)

南西地域ほどかけ方が大きくなり、那覇では84%、福岡で62%、東京47%、札幌29%とのこと。九州から南西はかなり「日食だあ〜!」って感じでしょうか。
(引用元 2050年までに日本で見られる日食

「うちのあたりは何時から始まるんだ?」という方はこちらで検索〜!
国立天文台暦計算室の「 日食各地予報

次回に日本全国で部分食が起こるのは2030年6月。

(一部の地域で起こるのは2023年4月ですが、かなり規模が小さくてほとんどわからないかも?なのです。)

しばらく見ることができません。

21日の夕方はちらっとお外に出て、いつもとはちょっと違う夕暮れを味わってみるのもいいかなと思ってます♪

さて、その珍しい太陽、、、

夕方だから大丈夫と思われるかもしれませんが、太陽を直接見るのはNG!

網膜の一部が傷つき、視力が低下したり、ものがゆがんで見えたりする「日食網膜症」のリスクありですよ! 

下敷きやサングラスもNG。まずは直接見ないこと(曇りの日でもダメ!)。

見たいときは専用の日食(太陽)観察用と明記されているものを使ってくださいね〜。

日食見物グッズいろいろ見つけました。笑
https://bit.ly/2TOCn09
ポチりそうな自分がこわい、、。

他の星ネタとしてはふだんは太陽のそばで見つけにくい水星が中旬までは日の入り直後の西側で見やすくなるそうです。

詳細はこちら  水星が東方最大離角(2020年6月))/国立天文台(NAOJ)

それから中旬の明け方は南の空で月と木星・土星が接近、少し南東に離れて月と火星が、近くなります。

月と木星・土星と月が一番近くのは9日の明け方、月と火星が近づくのは13日の明け方。

木星と火星は月にも負けないくらいの光なので見つけやすいのだそうですよ。

早起きできる方は幸運の星?!ジュピター、そしてファイターな星?!マース(ズ?)を見つけてみてください♪

参考ページ 月が木星、土星、火星に次々と接近(2020年6月)/国立天文台(NAOJ)

※画像・記事、共に国立天文台様のサイトより掲載させていただきました。ありがとうございます!

※こてんしカレンダー掲載の惑星時間帯はRAPHAEL’S ASTROMICAL EPEHMERISという本を参考にしています。

自動計算なので2分ほどの誤差が生じることもあります。ご了承くださいませm(._.)m

こんな本です。

Raphael's Astronomical Ephemeris of the Planets' Places for 2020 (Raphael's Astronomical Ephemeris of the Planet's Places)

Raphael’s Astronomical Ephemeris of the Planets’ Places for 2020 (Raphael’s Astronomical Ephemeris of the Planet’s Places)



日が長くなってきました。

私はほとんど暗くなった空の西側??ほんの少しだけオレンジ色の空が残っているのを見るのがお気に入り。


大地と空の境目がわからなくなる頃、空に輝きを見つけてちょっと元気をいただきます♪

いろんな状況がやってきますが、空の星たちはただ空の上で淡々と、軌道を廻り光を放つ。

下界⁈ではどんどん流れてくる情報に右往左往しがちな私たち。。

星になった気分で上から全体を眺めてみると、少し気持ちが落ち着くかもしれません。

そんなちょっと視点を変える時間を作って、ゆっくりと息をして。

これからの毎日を健やかに過ごしていけますように♪

🍀 お読みいただいてありがとうございました。 mayura 🍀